未分類

ただ黙って見守るということは子育て・人間関係の極意~の人生論

とにかくそれが出来ないのが私です。

黙って見守る・・・・・

すぐにあれこれ口や手を出します。
ほったらかしでいられる人がうらやましい。

実際はほったらかしでないのかもしれない。

でも私の周りでほったらかしにできている人は
基本、本当に手放しているように見えます。

干渉しなければ自分でやるようになる、とか
そういうメリットを期待してのほったらかしではなく
まじで自分のことに夢中だったり
「へ~そうなの?知らなかった~(笑)」とか
「へ~うちの子もそうなのかしら?」←と言いつつ気にしてない

干渉してしまう立場から言うと
なるべく楽で辛くない道を歩いてほしい。
いつもハッピーでいてほしい。
いつもうまくいってほしい。
いつも幸せでいてほしい。。。

って思ってしまうんですね。

本当は親には何もすることはなく
それは本人たちの生き方であって
進む道から障害物を取り除いたり
きれいに舗装してあげたり
ゴールにめちゃくちゃ素敵なファンファーレやくす玉や
トロフィーを用意してあげたり・・・
なんてことは余計なお世話なのかもしれません。

いや、余計なお世話でしょう。




自分はそんなこと望んでいたかというと
まあそんなこと考えたこともありません。

でも、ほとんど自分、、、もしかしたら100%
自分で決めて生きてきたような気がします。

なのに子供たちのことは心配でたまらないわけです。
(二人とも大学生です(;^_^A))

で、旦那は恐ろしいくらいにほったらかし。
本人はだいぶ干渉されて育ってきたと思うのですが
子供たちには気持ちいいくらいに
「興味なし」の態度を貫いています。

もちろん「顔色悪いぞ」、とか
「彼女とどうなった?」とかたまに言いますが
成績・進路・就職などにいては基本は本人任せ(当たり前か)

私のように、今回の試験はこんなだった~
もしかして彼氏にひどいこと言われて落ち込んでるのかしら・・・
元気な振りしてるけどもしかしたら。。。。
今日は遅れずに行ったかしら
あそこで失礼なことしてないかしら
あれ忘れたんじゃないかしら
帰ってきたらあそこにあれが置いてあるからあーしてこーして

と、永遠に意味不明の心配なんだか何だかわからない思考の
渦の中で泳いでたりしますWW

そして苦しくなってネットで悩み解決サイトや心理学や
スピリチュアルな文言を見つけ出し
落ち着くというか・・・・・・

でもね。これ、やめようと思います←イマサラ!
もう子育て終わっとるがな~~~~
ええ、二人とも大学生で(笑)
立派な大人です。

それなのにまだ心配して苦しくなるので
がんばって思考の癖を変えようと思ってるんです。

できてるはずだけど、いやまったくできてないのかもしれません。
変わりたくても変われない自分がいて。
その根本はやっぱり「流れるまま」に生きる、という癖な気がします。

意図的に生きる。

そう、最近主人とも話したのですが
もう人生後半。
全体的には流されるままに生きてきた自分・・・・
これからの人生は

こうありたい、
こうだ、
こうしていく

と意志を持って生きていきたいのです。

これは子供たちにも言っていること。

自分の意志を持たないとあっという間に
人生が終わっていくのです。

もちろんそれでもそこそこ幸せでしょう。

でも、それは誰かの人生に見える。
生まれ、育ち、恋をしたり悩んだり
進学し、就職し、結婚し、子供を育て、
親の介護をし、気づいたら孫がいて、
病気になって人生が終わる・・・・

そこに、大きな「自分の人生をこう生きたい」
という意志がなければそこそこ回っていくのです。
貧富の差や家族構成、シングルか既婚か
子供がいるかいないか・・・
様々な違いはあれど
同じなんです。

最後はみんな人生終わります。

流されたまま、
「あ~よかった」ではなく
「お~~!生ききったよ最高だったよ」って
満足した人生を送りたいと、
今まで流されて生きてきて思うんです。

まずは
なにかを成し遂げたい。

このあたり長くなるのでまた後日、書きたいと思います。

えっと、その一つの心構えとして
余計なエネルギーである「子供への心配」に象徴される
負のエネルギーを意図的にポジティブ&ハッピーに変えていきたい
そうするぞ!

って決心のブログでした!
(ひゃーまとまってねーーー)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PVアクセスランキング にほんブログ村